1. Home
  2. みしまの商店街
  3. その他
  4. 三島の雑貨屋 sora(そら)
  • みしまのお店を探す
  • 食べる
  • 買う
  • 暮らし
  • 遊ぶ
  • 新しいお店
  • 新しいお店
  • みしまの情報を調べる
  • イベント情報
  • 商店街チラシ
  • ぽけっと日記

みしまぽけっとtwitter

三島の雑貨屋 sora(そら)

営業内容生活雑貨、アンティーク小物、アクセサリー、古道具
ジャンル買い物/アンティーク・リサイクル・雑貨・日用品商店街名その他

楽寿園の森が眺められる空間で、静かで優しい時間を
過ごしながら雑貨との出逢いを楽しんで下さい。

お店紹介

三島の雑貨屋 sora(そら)

sora(そら)は、三島ゆうゆうホールの脇から入った、愛染小路にある雑貨店です。営業されていらっしゃる日には、入口にトタン板をsoraの字にくり抜いたお手製の看板があります。少し急な階段を上り、木製の扉を開けて入ると、そこにはご主人である大石さんの優しいお人柄そのままの空間があります。

大好きな三島の雑貨屋さんが店を閉じられたのをきっかけに、お店を始められた大石さんのお店soraは、静かに優しい時間が流れています。お店の内装も大石さんが手掛けられていらっしゃいます。漆喰(しっくい)の壁を少しずつ、ご自身の手で塗りながら、soraのお店は出来上がりました。

soraの品々は、どれも大石さんが大好きなモノばかりで、一品一品、物語があります。かつて、よく見られた竹で編み込まれたお弁当箱も、とても懐かしい品でしたが、若い方々には機能美を兼ね備えた品に映るそうです。細密なボタニカルアート(植物画)の絵葉書、棕櫚(シュロ)の箒(ほうき)、羊毛のダスターなどなど、暮らしを豊かにしてくれる雑貨の数々がお店に並んでいます。

お店からのメッセージ

古いもの、心に残るもの、いろいろなものがお会いするのを楽しみにお待ちしております。
ぜひsoraの空間を感じにお越し下さい。
扉を押して…

編集部チェックポイント

soraには、人と人を結び付ける不思議な力があるのかもしれません…
2010年12月、開店当初にみしまぽけっと『新しい店』の取材でお伺いした時に感じた柔らかくて、ゆっくりとした時間が過ごせる場所だと感じましたが、一年を経てその感覚はますます強くなり、さらには人が集う場所となっていました。

大石さんが扱われる雑貨は、アンティーク小物のほかに、お気に入りの職人さんや作家さんの手によるものが多くあります。
「作家さんや職人さんの個展やお店などに訪ねていき、やっとお店に置かせていただくことが出来る様になった。
大好きな作家さんにふとしたきっかけで、遠方からお店にいらしていただけた。
そんな素敵な出逢いが、お店を始めて次々と起きてるんですよ。」
人と人が繋がることを、ことのほか嬉しそうに語られる大石さんは、瞳が輝いていてとても魅力的でした。

その様な出逢いから、使われていなかったお店の奥がsora+空間(展示スペース)が生まれ、写真展なども催されたりしています。

三島の雑貨屋 sora(そら) 三島の雑貨屋 sora(そら)

soraの店内は、どこを撮影しても、一葉の絵葉書の様に絵になる風景です。アンティーク小物など一点ものも多く、一期一会となる出逢いとなりますので、思い切ってお財布を緩めて下さい

三島の雑貨屋 sora(そら)

店舗情報

生活雑貨、アンティーク小物、アクセサリー、古道具
営業時間10:30~17:00
定休日木曜日
(臨時休業の場合がございます。HPをご確認下さい)
住所〒411-0036
三島市一番町14-8 一番町栄ビル 2階
電話番号055-981-2202
FAX番号055-981-2202
席数
駐車場
ポイントカード
メールアドレスmishimanosora@ab.thn.ne.jp
ホームページhttp://mishimanosora.com
ブログhttp://misimasora.exblog.jp/

↑ページトップへ