• みしまのお店を探す
  • 食べる
  • 買う
  • 暮らし
  • 遊ぶ
  • 新しいお店
  • 新しいお店
  • みしまの情報を調べる
  • イベント情報
  • 商店街チラシ
  • ぽけっと日記

みしまぽけっとtwitter

だいいちはむ

営業内容精肉(三島恵比寿豚・あしたか牛他)
低添加の手作りハム・ベーコン・ソーセージ他
ジャンル食べる/テイクアウト商店街名その他

知る人ぞ知る。住宅地の中にある
お肉屋さんは、安心・安全をモットーに!
体に優しい低添加の手作りハムは絶品です。

お店紹介

だいいちはむ

三島の大通りを、三嶋大社から東へ歩き、日の出町の交差点を右に曲がってしばらくいくと、住宅地の中にだいいちはむさんがあります。
昔から精肉店を営まれていて、新鮮なお肉の評判とともに、低添加の手作りハム・ソーセージなどが口コミで広がって、函南や小田原から車でお求めになられるお客様も多いお店です。
お肉は、ご主人のご実家が、富士市で食肉卸をされているので、いつでも新鮮で安心なお肉とあしたか牛や三島ブランド認定の恵比寿豚(えびすとん)も並んでいます。
肉のソムリエともいうべき、食肉技術専門士を取得したご主人が、確かな技術と肉の本質を見極める目で選び抜いた、安心・安全なお肉が販売されています。
※食肉技術専門士とは…食肉技術専門士協会認定の資格で、5年以上食肉関係の業務に従事し、1頭の脱骨、整形またそれ らの内臓の処理等の全てにおいて確かな技術を身につけられているという証です。

お店からのメッセージ

安心と安全をモットーに営業しています。
子供達に安心して食べてもらえるように頑張ります。

【お店のこだわり】
当店では、無添加にせず、あえて低添加で製造しています。低添加にすることで、食中毒菌を抑制し、ハム本来の味と香りを引き出しています。卵白、保存料、着色料、増量剤など一切使用していませんので、日持ちはしませんし、ハム等が割れてしまうこともあります。その為、塩分が多少強めです。しかし安心という面では、自信を持ってお勧めします。

編集部チェックポイント

お肉屋さんが手間ひまかけて手作りするハム・ベーコン・ソーセージ。これは、お勧めです。
地元三島恵比寿豚を主原料として、肉の旨みを最大限に引き出す氷温熟成させ、ドイツの40年前のレシピで三島の水と独自のブレンドした戸田塩で仕込まれています。
日本ではあまり使われていないハーブを使用しているため、独創的な味わいが楽しめます。
種類もおなじみのロースハム(2010年DLGコンテスト銀賞受賞)やボンレスハムなどの他にもたくさんあり、赤身肉をゼラチンで固めてあるフロマージュなどは、口の中でとろけるような食感が女性に人気です。
これを食べたら、他のウインナーはいただけなくなるかもしれないと言われているポークウインナー(2010年DLGコンテスト銀賞受賞)もお勧めですが、三島生姜、丹那牛乳、西浦レモンなど地元の食材を生かしたホワイトウインナーは、一流ホテルや万博などにも納入された逸品です。
市販のものと一番味の違いを分かっていただけるのは、ベーコン(2010年DLGコンテスト銅賞受賞)だとおっしゃられてていました。味と香り、そして肉本来の味わいを食べ比べてみて下さい。
大体毎週火曜日に作られるということで、夕方頃に伺えば、店内には壮観な眺めと出来たてのハムなどをお買い求めいただけます。

※DLGコンテストとは、ハム・ソーセージの本場ドイツで行なわれる世界最高峰のコンテストです。ドイツ国際コンクールの中でも最も厳しい審査内容だと言われています。

【追記】だいいちはむさんの三嶋ベーコンが、第3回三島ブランドに認定されました!

だいいちはむ

新鮮なお肉は、色つやも違います。お料理によってお好みの厚さにも切り分けていただけます。

だいいちはむ

ハム類は、注文を受けてからオーダースライスしていただけます。厚さもお好みをお伝え下さい。

だいいちはむ



お肉屋さんならではの惣菜も、決して手抜きはしていません。


 

店舗情報

精肉(三島恵比寿豚・あしたか牛他)
低添加の手作りハム・ベーコン・ソーセージ他
営業時間10:00~18:00
定休日日曜日・祭日
住所〒411-0853
三島市大社町7-51
電話番号055-972-4284
FAX番号
席数
駐車場あり
ポイントカード
メールアドレス
ホームページhttp://www.daiichi-ham.com/
ブログ

↑ページトップへ